• ホーム
  • 早漏防止トレーニング動画と対策品プリリジー

早漏防止トレーニング動画と対策品プリリジー

2019年11月29日

通常よりも早めのタイミングで射精してしまうのが、早漏の症状です。
ED(勃起障害)は血行障害が原因で、血流を良くする対策品が治療に使われます。
治療薬もありますし、局部をマッサージする対策品などもあります。

早漏は、EDとは違い血行には問題ありません。
原因になっているのは、性的興奮に敏感すぎる脳と、刺激に弱いペニスです。

性的刺激による興奮を抑える対策品として、プリリジーという防止薬があります。
脳内のセロトニンの量を増やすことで、気持ちを落ち着かせて、射精までの時間を延ばす作用があります。
セロトニンが増える仕組みは、神経細胞がセロトニンを再吸収してしまうのを、プリリジーに含まれているダポキセチンという物質が阻害することで起こります。
再吸収の量が減ることで、脳内に残るセロトニンが増え、結果的にセロトニン量が増えるという仕組みです。

これは抗うつ剤などの薬にも使われているメカニズムで、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)系の薬の特徴です。

プリリジーは性行為の1~3時間前に飲んで性行為に臨めば、早漏を防止させることが出来ます。
食前や食間に飲んでも効果は変わりません。

プリリジー以外で対策するには、ペニスを鍛える動画や、考え方を改善する動画を見てトレーニングするのがおすすめです。
動画はネットで見ることが出来ます。
早漏の経験者がやってみて有効だった方法を詳しく解説してくれるので、参考になります。

早漏を根本から解決するには、パートナーによる協力と自力で立ち直ろうとする努力が必要です。
ただし、あまりプレッシャーに感じすぎないようにリラックスしてゲーム感覚で取り組む方が効果が出ます。
気長にトレーニングするようにしましょう。

関連記事
衰弱性早漏に有効なプリリジーとカマグラゴールド

早漏の原因の中で、加齢に関係してくるのが衰弱性早漏です。衰弱性早漏は射精管閉鎖筋が加齢によって弱まり、射精をコントロール出来なくなることで起こります。症状が現れる時期には個人差がありますが、早ければ30代後半から兆候があらわれる人もいると言われています。衰弱性早漏に効果的な薬として注目されているのが

2019年10月29日
簡単に早漏を解決するならプリリジー

早漏の原因は、ほとんどの場合が心理的な事です。ですから、早漏を根本的に解決するには(もちろん心理的な事が原因の場合に限ってですが)心理的な治療が必要となります。ただ、早漏に限らず、心理的な治療は非常に困難です。すぐに効果が現れる場合もありますが、まったく効果が現れない場合もあります。早漏は個人の悩み

2019年09月29日
オナニーのやりすぎで早漏

性的なものへ興味を持つことは、自然な流れであり、恥じる問題ではないのです。ただ自己満足の度合いを強めすぎてしまうと、危険なことに陥っていくということも想定されるため、注意が必要なのです。一例として、「オナニーのやりすぎで早漏になっていく可能性が強くなる」という意見がありますが、これも詳細を紐解いてい

2019年08月29日
性行為のコンプレックスから早漏

パートナーと性行為を行っている際に、一度嫌な思いをした経験からそれが引き金となり早漏になる男性が存在しています。例えば女性を上手く満足させられなかった、女性からきつい一言を言われてしまった、など精神的にダメージがあった場合、性行為のコンプレックスから早漏になるケースもあります。精神的な要素が男性の心

2019年08月13日
病気から早漏になることも

普段の生活で感じるストレスや心配事等が原因で早漏になる男性がいますが、病気から早漏になる男性もいます。その病気は糖尿や前立腺や膀胱がアルコール中毒症の病気です。特に前立腺の肥大が原因で精巣等の性機能がおかしくなり、正常に機能しなくなるという男性は多いです。前立腺の病気は齢を重ねる事に発症しやすくなり

2019年07月27日